山里(中山間地)では、
 日々の買物に通院、田畑に行くのにも、自家用車が欠かせません。
 歩いていくには遠く、自転車では坂道などが大変です。
 バス道から外れていたり、バスの本数も少なかったり、
 毎回タクシーというわけにもいきません。

 自家用車は暮らしの足と言える存在です。
 そのため、高齢になり運転ができなくなることは、
 今の暮らしを変えることを意味します。
 今の暮らしを守るために、
 運転に不安を抱えたまま運転し続ける人もいるでしょう。

 ですが、ご本人もご家族も、そして周りの人たちも、
 不安を抱えたままでいいのでしょうか。
 しかたがない、とあきらめるしかないのでしょうか。

 私たちは、公共交通機関が限られた山里でも、
 できるだけ長く、自分の意思で、
 自由に、安全に、安心に移動できることを応援します。
 そして、いつか必要となる
 “運転することを手放す"ための準備をお手伝いします。

 私たちはこの取り組みをとおして、
 ひとりひとりの生涯の生活の質(QoL)を高めること、
 それによって
 地域社会がいつまでも続いていくようにしたいと考えています。

■里モビニティ  山里×モビリティ×コミュニティ

里モビニティとは、山里、移動(モビリティ)、地域(コミュニティ)を組み合わせた造語です。
私たちは、移動を軸に、山里(中山間地)での暮らしの支援を目指しています。

■里モビ 山里×モビリティ

山里(中山間地)で使いやすいよう工夫した乗り物を、里モビ、と呼び、その利用を促進しています。

車から里モビへの乗り換えの過程

■これまでの活動

2016~
2018年度 
たすけあいプロジェクト(名古屋大学、足助病院、豊田市など)*

 地域住民自らが超小型電気自動車「コムス」を
 中山間地での利用に適した仕様に改造し、
 日常の移動に活用(里モビサークル活動)。

 トヨタモビリティ基金の助成を受け、
 名古屋大学、東京大学、豊田市、足助病院と共働で実施。

 *開始時名称は「あすけあいプロジェクト」。
2019~
2020年度 
里モビLIFEプロジェクト推進協議会(豊田市&名古屋大学)

 里モビサークル活動を継続してきたが、
 行政の直接的支援の終了と共に、プロジェクトは終了

〇2016年の開始以来、豊田市旭地区・足助地区の高齢者を中心に
 延べ50名の方に利用していただいています。
 5年間の総走行距離は約10万kmであり、その間の交通事故はゼロです。