2/28(月)においでるかん第2回が開催されました。講師は島崎敢さんです。名古屋大学未来社会創造機構の特任准教授で「心理学で安全を実現するための研究」をされています。

 人は経験を蓄積することでそれをパターン化して危険回避ができるようになる(ハザードの知覚)ことや、運転の能力が高いことは安全ということではないこと(これはゆっくり走ることがやはり大切だそうです)というお話がありました。「リスクホメオスタシス」のお話は個人的に心当たりもあり、運転速度に気を付けより安全運転に努めようと思いました。
 講義のあとには参加者がつくラッセルまで乗ってこられた車で島崎先生に運転姿勢の確認をしてもらいました。正しい運転姿勢は衝突時の安全性に大切なだけでなく、右左折時の安全確認も楽になり、よりきちんと確認ができるようになるとのことでした。

 参加者からは「自身気づかずにいたこともあり、有益でした。」「自分の運転のことを、見て指摘してもらえる事がないので、またこんな機会があるといいなと思います。」という感想もいただきました。また運転を見直す機会等作っていきたいと思います。

 次回おいでるかんは3/8(火)です。旭で活躍中のあさぷろの上田さん、松井さんのお話です。お申込みやあさぷろへの質問も受付中です!お申し込みはこちらから。

 おいでるかんで皆様とお会いできるのを楽しみにしています。